自動車学校で合宿免許を選ぶと安い料金で免許がとれる

役立ち情報をゲット

知っておかなきゃ損な免許取得のための役立ち情報を手に入れましょう。車やバイクを運転することのできる免許を取得することで、あなたのライフスタイルは大きく変わることでしょう。

自動車学校入校時に必要なもの

  • 住民票
  • 本人確認ができる書類
  • 印鑑
  • 入学費用
  • メガネやコンタクト

通う学校を決める

自動車学校には、公安委員会から許可をとっている「公認校」と「非公認校」があります。公認校と非公認校にはそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットがあります。免許取得の予算や目的などによってどちらに通うべきかが分かります。それぞれの違いを知っておきましょう。

指定公認校と非公認校の違いを検証

指定公認校

公安委員会から許可をもらっている「指定公認校」の自動車学校の大きなメリットは、仮免試験と本免許の技能試験を運転免許試験場の代わりに行うことができるところです。そのため、指定公認校を卒業すれば、運転免許試験場では、筆記試験に合格するだけで運転免許を手に入れることができます。指定公認校はスムーズに試験を終わらせることができますが、非公認校に比べて通学費用は高く、卒業までの期間は長い、というデメリットもあります。

非公認校

公安委員会から許可をもらっていない「非公認校」の自動車学校の大きなメリットは、指定公認校に比べて通学費用が安く、卒業できる期間も短くできるところです。また、決まったカリキュラムがないため、坂道発進が苦手ならば坂道発進を、S字カーブが苦手ならばS字カーブだけを、というように自分のやりたい練習だけをすることも可能です。しかし、非公認校では公安委員会から仮免試験と本免許の技能試験の代行を許可されていないため、運転免許をとる場合は、運転免許試験場でこれらの試験を全て合格する必要があります。

決して安くはない通学費用

運転免許を取得するために、自動車学校へ通うことは必要不可欠ですが、自動車学校を卒業するには合計20万~30万円の費用が必要になります。決して安くはありません。しかし、少しでも自動車学校への通学費用を安くするコツはあります。自動車学校の通学費用を安くおさえるコツを入学前にチェックしておきましょう。

免許を格安で取得する

ウーマン

閑散期に通う

阪奈にはいくつもの自動車学校が存在しますが、どの自動車学校にも閑散期と繁忙期があります。自動車学校の繁忙期は、学生の夏休み期間(7月~9月)と春休み期間(2月~3月)です。この時期は多くの学生が免許取得のために自動車学校へ通うので需要は一気に高くなります。自動車学校は、料金を高くしても人が集まるので免許取得のための費用を高めに設定するのです。逆に4月~6月頃や、10月~1月頃は、閑散期で自動車学校に通う人は少なくなります。そのため、自動車学校は通う人を集めるために通学料金を安く設定します。繁忙期と閑散期では合計の金額が10万円ほど変わる学校もあります。どのタイミングでも通えるのならば、安い金額で通うことができる閑散期を狙って入学するようにしましょう。大きな節約になるはずです。

合宿免許に行く

免許取得の費用を大きくおさえる手段の1つが合宿免許に参加することです。免許合宿ともよばれます。合宿免許とは、自宅と自動車学校に通う通学免許とは違い、自動車学校の近くのホテルや寮に泊まり込みながら決められたスケジュールで免許取得を狙う方法です。都会よりも地方にある自動車学校の方が合宿免許プログラムの提供は多い傾向にあります。長期休暇がとりやすい学生には大人気の免許取得方法となっています。合宿免許は、教習所側で、スケジュールが管理しやすく効率的にスタッフを回せるので余分な費用をかけることがありません。そのため、通学免許よりも圧倒的に安い費用で免許取得が可能になります。また、教習所自体の立地が良かったり、利用者の回転率が早いことも費用がかからない理由になります。自動車学校によっては、通学免許よりも10万円ほど費用を節約できる合宿免許もあります。また、食費や宿泊費も含まれているので全体的にオトクに免許を取得することが可能です。

広告募集中